オトナ漫画 男性にオススメ

エロコミ「7話・8話【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」あらすじ無料ネタバレと感想|すぺしゃるじー / チンジャオ娘著

BBA上司の危険日お○んこに中だし!
孕ませたい思いで止まらない射精

 

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!


 

会社のお局上司は34歳…怖くて誰も近寄りもしない…

みんなは本人のいない所で行き遅れのBBA(ババア)と呼んでいた!

 

 

そんな行き遅れBBAの上司とヒョンなことから一晩を一緒にすることになってしまった主人公。

 

 

お局上司の本性は…

 

 

 

 

 

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」登場人物(主人公)とあらすじ

 

登場人物

田中:主人公。仕事でミスばかりしていつも女上司に怒られている24歳。

沢村秋子:田中の会社の女上司で主任。行き遅れたババアでかなり厳しく怖い。田中の10歳年上の34歳。

 

あらすじ

満員電車で秋子に痴漢プレイをすると感じてしまったのかパンツがヌルヌルになってしまいます。

ムラムラしてしまった2人は会社には取引先から直帰と嘘をつき、駅のトイレでやり始め、それだけでは満足できずホテルでもセックスをしました。

 

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 7話、8話」のネタバレ

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!


 

取引先とのプレゼンの帰り、秋子と電車に乗っていた田中は途中の駅でとても混んできて股間が秋子のお尻に当たるほど密着する形になりました。

秋子は田中のち○ぽがムクムクと大きくなっていくのをお尻で感じていました。

 

 

 

田中は秋子のスカートをまくりあげるとパンツの上からアソコをいじります。

 

 

 

声を出さないように口をおさえて我慢をする秋子ですが、クリをこすられるとすぐにくちゅくちゅと音が出るくらい濡れてしまいました。

秋子がとてもいやらしい顔をしているので乗客の何人かにはバレていそうでした。

 

 

 

見られているという状況に興奮して余計に濡れてしまいます。

 

 

 

痴漢プレイを続けていると足がガクガクして立てなくなってきた秋子を見て、次の駅で降ります。

 

 

2人は駅のトイレに入ると秋子を便器に座らせます。

 

 

そしてさっきの痴漢プレイでほぐれた濡れ濡れのお○んこに挿れるとあまりの気持ちよさに昇天します。

 

使い終わったゴムをどこに捨てればいいか迷っていると秋子が飲んでしまいました。

 

 

 

それを見て、また欲情してしまった田中は秋子とホテルへ行くのでした。

 

 


 

 

そんなある日、出張があり、打ち上げも兼ねて秋子と温泉旅館へ泊ることになりました。

 

もちろん会社には秘密です。

 

 

最近必ずゴムをつけてセックスをするようにしていた田中ですが、仕事のご褒美も兼ねて今日は生ですると決めていました。

そしていざ挿入という時に今日はゴムをしないとダメな日だと言われてしまいました。

 

 

危険日だと言うのです。

 

 

生でヤレないと知るとますますヤリたくなる危険日お○んこに興奮した田中はちゃんと外に出せば大丈夫だと生で挿れて激しくピストンしていきました。

秋子は抜いて欲しいとか避妊してとか言っていますが、セフレ女上司の危険日お○んこへの執着は止まらず射精をしてしまいました。

 

 

 

しかも中出しです。

 

 

 

セフレの行き遅れババアが妊娠なんて本当なら青ざめてち○ぽが縮こまるような状況ははずなのに田中は逆にこの女を孕ませたいと思ってしまったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 7話、8話」の感想

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!


 

この漫画は話ごとにいろんなプレイがあって飽きません。

7話は満員電車で痴漢プレイと駅のトイレでセックス、8話は会社に内緒の温泉旅館でセックスと読者を飽きさない展開に。

 

 

上司と部下という秘密の関係もいいですし、お互い独身なので不倫ではないですが温泉旅館は不倫っぽいイメージもあってドキドキしますね。

何より田中の相手が10歳年上のババアということと、それが処女だったということがよりこの漫画の興奮度を上げているんだと思います。

 

 

秋子をセフレにした途端、やりたい放題の田中は取引先のプレゼンの帰りに電車に乗っていると、混みすぎてきた車内で秋子と身体が密着します。

 

 

ち○ぽがお尻に当たるほどくっつくと思わずムクムクと大きく固くなってそれが秋子にも伝わるんですね。

他の乗客にも見られているなんて田中が言うので周りを見るとこちらを見ているような気がする秋子は興奮して濡れてしまいます。

 

 


 

 

 

ストッキングとパンツの上からですが秋子のアソコをこすり続けるとヌルヌルになってくちゅくちゅ音がするまでに。

 

 

声も出せず立てなくなってしまうほど感じた秋子を駅のトイレに連れ込みセックス!という痴漢モノのAVみたいなフルコースです。

なぜかゴムを持っていて、ちゃんとつけてセックスをした2人ですが、使い終わったゴムを捨てる場所に困ってしまいます。

 

 

 

するとなんとゴムの中の精液を全部飲み干す秋子。

 

これがエロいのなんのって。

 

 

それも嫌々ではなく勿体ないなんて言うから可愛いとさえ思ってしまいます。

 

 

そしてそのままホテルへ行き2回戦という、どんだけ絶倫なんだというくらい田中はセックスが好きなのか秋子がエロすぎるから何度もヤレるのか不思議なくらい勃起がおさまりません。

 

 


 

 

更に出張先でのお泊り温泉旅館。

仕事が上手くいったご褒美に生ですると決めていた田中は秋子に襲いかかりますが、なんと危険日だからダメと生を拒否されてしまいます。

 

 

ダメと言われると余計にしたくなる田中は男としてサイテーですが、勝手に挿れて勝手にイっちゃうんですね。

 

 

 

しかも外に出すと言っていたのに思いっきり生で中だしです。

 

 

セックスの最中もずっと秋子は抜いてとか駄目とか言い続けいたのにお構いなしにやり続け挙句の果てに中出しとは田中は今回は本当にヤバいですね。

どうやら彼女とも仲直りができたばかりのようですし、秋子との子供ができたらどうするつもりなのでしょうか。

 

 

それでは、「悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」のコミック情報です。

 

 

 

 

 

「悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」の公式あらすじ

 


 

 

公式あらすじ

それはどこかで聞いたことがあるような失敗談。

いやちょっとしたホラー。

まさかそんな事態が自分の身に起こるだなんて――

沢村秋子、34歳。

美人で巨乳だけれど、気が強く男を寄せ付けない性格が災いして未婚。

社内では「行き遅れBBA」と陰口を叩かれている。

その部下である青年もまた10歳年上の女上司を苦手に感じていたのだけれど…偶然、ふたりきりで酒を飲むことになったとある夜。

女上司の意外な可愛い一面と、ガードの緩さを目の当たりにして若い性欲が大暴走。

酔った勢いで強引に唇を奪いベッドイン。

お堅いスーツをひん剥けば、その下にあったのは絶妙な肉付き加減の半熟とろとろボディ。

ずっと他の男の手つかずだった処女穴は、挿れた瞬間発射しそうになるほどの超絶名器。

孕ませたら人生終了だと分かっているのに、気づけば生ハメ膣内出しをキメていた。

それからというものふたりはセフレのような関係になって…はたしてハメたのかハメられたのか。

行き遅れ女上司との生セックスにハマってしまった若い男の将来はいかに。

 

 

「悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」の目次

 

 

 


 

 

 

「悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」の掲載誌、出版社、著者情報

 

掲載誌:愛玩☆実験室

出版社:KATTS

著 者:すぺしゃるじー / チンジャオ娘

 

 

 

 

「悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」の配信サイト

 

BookLiveコミック
(ブッコミ)
公式サイト 88Pt(分冊版)

 

 

 

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!


 

 

 

 

 

 

-オトナ漫画, 男性にオススメ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© E‐漫画ッシュ!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。