一般漫画コミック 女性にオススメ

実話エッセイ 第2章「私の穴がうまらない」あらすじ無料ネタバレと感想|おぐらなおみ著

差し出された手は繋ぐため!?
セックスレス夫婦に2人目を求める義母に傷つく主人公

 

 

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!

「私の穴がうまらない」無料立ち読みはコチラ➡

 

パートナーと夜の営みしてますか??

人知れずセックスレスで悩んでいる人いるのではないでしょうか。

 

 

今回紹介するマンガは、著者の「おぐらなおみ」さんの実話です。

セックスレスをカミングアウトし、実際にどう生活して、どう考えているのかを漫画に描いています。

 

 

「人間の三大欲求、食欲・睡眠欲・性欲のうち、食事と睡眠グッズはいろいろ試せるのに、どうして性欲だけは“手持ちの駒=夫”だけで満足しなきゃいけないの?」

 

 

4コマ漫画のようなタッチで、読みやすいです。

 

 

セックスレスに悩んでいる人は、これを読むと少し気が晴れるのではないでしょうか!!

 

 

 

 

私の穴がうまらない
最初から読む! 全話読む!

 

 

 

 

 

 

実話コミック「私の穴がうまらない」登場人物(主人公)とあらすじ

 

登場人物

中井ハルヒ:主人公。42歳のフリーの編集者でバリバリ働くキャリアウーマン。夫と娘の3人暮らし。1人セックスレスで悩んでいる。

中井マサル:ハルヒの夫で44歳の会社員。ハルヒとセックスレスであることをわかっていながら見て見ぬふりをしている。

中井アラタ:ハルヒの娘で中学2年生。思春期真っただ中で父のマサルをうざいと思いながらも夫婦仲が心配。

月島ヒカリ:ハルヒの友人で同僚で42歳。ハルヒが働く編集プロダクションを経営している。心も体も満たされる恋愛が理想。

森下ミヤコ:ヒカリの会社のアルバイト29歳既婚。結婚当初に浮気されて以来夫との関係を拒んでいる。

 

あらすじ

ハルヒはたまたま有休をとっていた夫と買い物に行きました。

こんな風に2人で買い物をするのはアラタが産まれてから初めてでした。

帰り道、手を差し出されると昔こんな風に手を繋いだことを思い出し、何も持っていない手を伸ばすと、夫は手を繋ぐのではなくただ荷物を持ってくれるだけでした。

 

 

エッセイコミック「私の穴がうまらない」目次

目 次

1章  レスの悩みって誰に話したらいいんですか?

2章  あの人から受けるこんな仕打ちをオットは知らない

3章  こんなイヤな気分になるのは俺だけでたくさんだ

4章  「できない」? 「したくない」じゃなくて?

5章  お互いの体も心も一致するって奇跡みたいなものかもしれない

6章  夫の中で私はまだ生きているんでしょうか

7章  父親と母親みたいな夫婦に自分たちはなりたくない

8章  まだ間に合うの? もう手遅れなの?

9章  あの人と離れたら私は幸せになれるの?

10章  ママ、私を生んでよかった? パパと結婚してよかった?

最終章  心にぽっかりあいた穴を満たしてくれたものは

 

 

実話漫画「私の穴がうまらない 第2章」のネタバレ|あの人から受けるこんな仕打ちをオットは知らない

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!

「私の穴がうまらない」無料立ち読みはコチラ➡

 

 

 

深夜まで仕事をしていたハルヒが寝坊して起きると夫が有休を使って休んでいました。

アラタは学校に行っているので今日は昼間から夫婦2人きりです。

 

 

 

特に話すこともなく沈黙が続き静かに流れる時間に老後はこんな感じなのかもと呑気なことを言う夫にイラつきます。

今を大切にしてくれない夫の老後の面倒なんて誰が見るかと思うのでした。

 

 

 

そんな夫に買い物に行こうと誘われました。

こんな風に2人で買い出しに行くのはアラタが産まれてから初めてでした。

 

 

 

帰り道に片手を差し出され、手を繋いでくれるのだと思ったハルヒが少し期待して手を伸ばすとただ荷物を持ってくれるつもりだった夫。

ハルヒは以前の恋人同士の時とは違うことに傷つくのでした。

 

 

 

 

思春期のアラタはニキビに悩むお年頃です。

モテたいと思って努力するも虚しく、うなだれていました。

 

 

 

そんな娘を見て、モテても最終的に選べるのはひとりだけと言うハルヒ。

しかしその1人とセックスレスになったら目も当てられないわけだけど、と心の中で思うのでした。

 

 

 

 

ハルヒにとっての恐怖、それは義母からの電話でした。

義母は夫のことを溺愛しており、その息子を奪った女には何を言ってもいいとでも思っているような人です。

 

 

 

義母から何を言われても平気なように心のシャッターを完全に閉めて応対するも自分が大人じゃなかったら喧嘩になっていると思うのでした。

しかも義母はあえてハルヒに嫌味を言うために夫もアラタも居ない時間に電話をかけてくるのです。

 

 

 

アラタが1人っ子で可哀想だとか2人目を産めばよかったとか男の子がいいとか、セックスレス夫婦に2人目を求める義母にハルヒの心は傷ついてばかりです。

しかし義母からそんな仕打ちを受けていることを夫は全く知らないのでした。

 

 

 

 

ヒカリに1杯だけ付き合ってもらい、悩みを話します。

義母の電話が負担なことを夫に言えばいいと言われますが、夫とアラタと義母の関係が良好なので余計なことを言いたくないと言います。

 

 

 

じゃあ離婚すればいいと言わますが、それも自分が我慢すればいいと言うハルヒ。

それにレス以外の部分は上手くいっているといいます。

 

 

しかし喧嘩もしないというハルヒを見て、喧嘩もできないくらい冷めている関係なんだろうと思うヒカリは夫婦って面倒くさいと感じるのでした。

 

 

 

ハルヒはヒカリに夫婦喧嘩もしなければセックスもしない、そんな状態が続くなら平行線だと言われます。

 

夫婦間にある空気をかき混ぜてみるのも手だと言うヒカリの意見を聞いて、また悩むハルヒなのでした。

 

 

 

 

 

私の穴がうまらない
最初から読む! 全話読む!

 

 

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!

「私の穴がうまらない」無料立ち読みはコチラ➡

 

 

 

実話コミック「私の穴がうまらない 第2章」の感想|あの人から受けるこんな仕打ちをオットは知らない

 

セックスレスとは無縁のカップルや、セックスが定期的にある夫婦がこの漫画を読んでも、今は他人事としか感じないでしょう。

 

 

逆になぜそんなことで悩んでいるんだろうと思うかもしれません。

しかし誰しもセックスレスで悩むことがこの先ないとは言い切れませんよね。

 

 

 

心の穴に関しては誰もが一度は感じることがあるかもしれません。

そこが広がって行く前に解決しているから大丈夫なだけで男女のすれ違いというのは夫婦になってからも家族になってからもあるものです。

 

 

 

主人公のハルヒは不倫をしたいと思っているわけではないけど夫としたいと心から思っているわけでもない曖昧な感情にも自分で戸惑っているように感じます。

夫のことが大好きなのに触れてこないというわけではなく、ただ単にセックスレスである現状に、これって夫婦として大丈夫なのだろうかと思っているのが1番でしょうね。

 

 

 

夫婦の形はそれぞれですが、セックスレスであることはきっといいことではないという暗雲に危機感を感じているだけなのかもしれません。

実際、夫のために女として綺麗でいようと思っているわけでもなさそうですし、夫の枕が臭すぎて幻滅しているわけで、愛しているのにセックスがないというよりかはセックスレスであることへの不安のような気がします。

 

 

 

最近、こういうセックスレスで悩む夫婦の問題を取り上げたエッセイが増えていますが、妻側の目線が多いんですよね。

夫は一体どう思っているのか、そこを知りたいなというのがあります。

 

 

 

男というものはそんなことで悩むのも面倒くさい生き物なのでしょうか。

男には狩猟本能があるといい、子孫を残すために備わっているものなので、結婚するまでは一生懸命ですが、結婚して子供ができれば妻を抱く必要がなくなるというのもあるようです。

 

 

 

しかし狩猟本能は備わっているので、今度は妻以外の女性を妊娠させたいという欲求が備わっているから不倫をする人が多いわけで、そこを理性で抑えるか否かの問題なのかもしれません。

 

 

 

ただ、これは全員にいえることではなく、とにかく妻が好きで妻だけにしか興味のない男もいるんですよね。

女性は皆そういう人と結婚できれば幸せになれるのかなと思います。

 

 

 

いつまでも求めてもらえる恋人同士のような関係が続けばそれはとても幸せなことです。

現にそういう夫婦もいるわけですし。

 

 

ハルヒの場合、共働きで忙しく、子供も思春期なのもあり、いつしかお互い性欲が湧かなくなったところから小さな穴が空いたのかもしれません。

 

 

 

不倫がしたいわけじゃないのにこのままだと一生セックスをしないで死んでいくんだという不安と、誰にも相談できないデリケートすぎる問題なだけになんだか満たされない毎日が続いていく虚しさを痛いほど感じました。

 

 

 

それにしても義母がデリカシーなさすぎですね。

レスへの悩みといい義母からの嫌味の悩みといい、全部自分が我慢すればという風に繋がっているのが悲しいですね。

 

 

それでは、「私の穴がうまらない」のコミック情報です。

 

 

実話エッセイ「私の穴がうまらない」の公式あらすじ

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!

「私の穴がうまらない」無料立ち読みはコチラ➡

 

 

公式あらすじ

心と体にぽっかりとあいた、満たされない「穴」はどうすればいいの?

それぞれの“レス”をほろ苦く描く、フィクションコミックエッセイ!

フリー編集者のハルヒは、夫・マサルと中学生の娘・アラタの3人暮らし。

気づけば夫とは何年も“レス”状態が続いており、虚しさを抱えていた。

ハルヒの職場である編集プロダクションでの修羅場中、同僚のミヤコがぽつりとつぶやく。

「人間の三大欲求、食欲・睡眠欲・性欲のうち、食事と睡眠グッズはいろいろ試せるのに、どうして性欲だけは“手持ちの駒=夫”だけで満足しなきゃいけないの?」と。

実は、ハルヒだけではなく、ミヤコ、そして編プロ経営者のヒカリも、パートナーとの触れ合いに行き詰まっていて…。

現代の夫婦の在り方をじわりと問うリアルな展開に読者騒然!

レス夫婦の行きつく先は、離婚か、それとも…?

 

 

 

まんがエッセイ「私の穴がうまらない」の掲載誌、出版社、著者情報

 

掲載誌:コミックエッセイ

出版社:KADOKAWA(角川)

著 者:おぐらなおみ

 

 

 

 

「私の穴がうまらない」の配信サイト

 

ebookjapan
(イーブックジャパン)
公式サイト 1,155 円
DMMコミック 公式サイト 1,155 円

 

 

 

私の穴がうまらない
最初から読む! 全話読む!

 

☆無料試し読みはこちら☆
▽ ▼ ▽ ▼ ▽
画像をクリック!!

「私の穴がうまらない」無料立ち読みはコチラ➡

 

 

 

 

-一般漫画コミック, 女性にオススメ
-, , , , , , , , ,

Copyright© E‐漫画ッシュ!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。